ラサー女子って一番不倫に走りやすいと言われています。結婚適齢期でもある女性にとって売れ時なのに、奥さんがいる既婚者男性と一緒にいてもいいですか?その恋を貫いたあとに、幸せはきますか?もし、少しでももう忘れたいと思うなら、忘れる方法を実践して、新たな恋へ出発して下さいね♪

不倫の恋の忘れ方

アラサー女子が不倫に走る訳

い男はみんな結婚してしまっている年代

「あれ?この人こんなにいい男と思う勘違い…」
第一次結婚ブームで同級生や同僚がバタバタと結婚する、第一次結婚ブーム、別名ご祝儀貧乏な時期を少し過ぎるといつの間にか、私ってアラサー…周りの独身男性を見渡すと、自分のことは棚においても、結婚相手にはちょっと…と思うような男性しかいない。

 

30歳手前~35歳になってみんな結婚していく中、自分だけが取り残された感に。恋をしようと思っても、自分に見合う落ち着いた男性は気づけばとっくに結婚していて既婚者に。

 

女性としての自身も失いかけている中、新婚期間が過ぎた落ち着いてる既婚男性も、自分を異性として接してくれる独身女性にココロをときめかす人も多くいます。こうした自信喪失気味のアラサー女性の心の隙間にハマる「落ち着いた男性」という勘違いと、既婚男性の「まだまだ俺も男」という勘違いから、お互いを異性として認識してもらえる嬉しさから不倫が始まることが多いんです。

 

アラサー女子にとって既婚男性が格好よく見えてしまうワケ

のお陰でその男性はカッコいい

結婚して男性の雰囲気が変わるのは責任感が芽生えたからとか、落ち着いたからとか良く言われますが、女性に対して一歩どころか結構ひいた位置で接してくる既婚男性は多いかもしれません。男性を感じさせない草食系を更にマイルドにした感じとでもいいましょうか。これが落ち着いて見えるポイントです。
加えて衣服に無頓着な人だったのに急に結婚してセンスの良い格好になった等も、格好よく見える理由のヒトツかもしれませんね。でもそれは完全に妻のおかげです。

 

服のセンスだって独身時代から変わったのであれば、妻がベストスタイリストとなって夫に似合うものを選んでいるからこそ良く見えるワケです。既婚男性が不倫相手が喜びそうな気の利いた場所やレストランへ連れて行ってくれるのは99%の確率で妻と出かけて楽しかったところなので、彼にしてみれば鉄板の場所なんです。

 

アラサー女子が不倫に走らない方法ってある?

 

えない夫婦の関係を推測する
既婚男性の常套句には、家庭を悪く言う、不倫相手と比較して妻のことを悪く言うなどがありますが、そっくり信じて鵜呑みにするのはキケンです。本当に家庭や妻がそんなに酷くて悪いのなら、彼自身、不倫をしている余裕はないはず。心のオアシスを求めて不倫できるなら、心に余裕はありまくりです。

 

既婚者男性と会っている時「洗濯物のいい匂いがする」「シャツがアイロンされている」「靴下に穴が開いていない・靴下やパンツのゴムが伸びていない」など、身に着ける物が綺麗だと、奥さんは旦那の事を大切にしている証拠です。きちんとして貰っているのに、奥さんの悪口ばかりを言っている男性の性格の方が問題の場合もあります。(自己愛のキツイ男性・モラハラ男性の可能性もあります)

 

ココロにスキマを抱えたアラサー女性も冷静に考えれば、不倫している自分がヘンだということに気づくでしょう。彼との不倫を女性としての自信回復のために利用しているという根本的な理由に気づくかもしれません。自分磨きに時間をかけてオシャレやダイエット、レッスンなどを利用して女性としての自信を取り戻すことで不倫から脱出できることもあります。

 

既婚男性が格好よく見えるのは影に妻との歴史の積み重ねがあるということを知っておくことで、自分磨きのための時間の使い方を考えられるようになります。

 

不倫の恋を忘れられないのは脳のミラクル

 

の仕組は、思い出は美しく塗り替えられる…
不倫彼とのお付き合いが終わった後、どうしても次の恋愛に進めないこともあります。意識をしているわけではないけれど、気づいたら前の彼と比較をしてしまう。別れたことを後悔しても遅いかもしれないけれど、、くだらない些細な理由で別れちゃったなと反省する人も少なくありません。でも、一度別れを決心したのは、自分なりに納得した理由があるから。という事を忘れないで下さい。

 

の中では不倫恋ではなく頑張ったという自分と認識してる

また苦しいながらも頑張ったという自分も脳の中に刻まれているので、脳が忘れられない不倫恋「最高の恋」と認識してしまうのです。頑張ったのは「手に入らない物だったから」という再認識をして、脳に言い聞かせるのも大切です。

 

社会心理学「認知バイアス」と「忘れられない不倫恋」との関係

 

会心理学で認知バイアスとも言われる虚偽記憶
彼との美しい思い出。社会心理学で認知バイアスとも言われる虚偽記憶かもしれません。例えば。お互い初めていけないとはわかっていながらも付き合えた事が嬉しかった。また普通のカップルで信じられないほど美味しかった。

…という形で記憶している幸せそうな思い出ですが、実際は、ダブルレインボーを見る前に、道に迷いすぎて喉はカラカラ、疲れまくってイライラして路上でケンカをしています。更に期間限定のチョコを食べるために1時間以上並ばなければならず、並ぶのがキライな彼と再びケンカが勃発しています。更にラスト1個だったので分け合うどころか彼が8割食べてしまい更にケンカになった。
人間の記憶はあいまいなもので、自分にとって都合の良い形で記憶されることがあります。確かにダブルレインボーを見たときは感動したけれど、イライラした気持ちもあったから感動は半分だったのに、懐かしく思い出すときは、完全に美化されています。その方が自分にとって傷つくことや嫌な気分を味わうことがないので、都合がいいんです。

 

終わった不倫に戻ってもまた繰り返す可能性…

去に別れたときと同じことが再び起きる可能性が高く、その時に記憶が蘇ることも多い
別れた原因は些細なことだったと今は感じるかもしれません。でも彼との付き合い始めた頃からを思い出してみましょう。付き合いが長ければ長いほど、ケンカにはならなかったけれどイライラしたことやムカついたけれど我慢したことがあったのではないでしょうか。

 

思い出すことで再び自分が傷つくこともあるので、無理やり思い出すのはあまりオススメしませんが、昔の彼氏にとらわれて次のステップへ進めないのなら是非試してみてください。思い出していく過程で別れた根本原因を思い出し、どうにもならない過去にムカついて完全に決別できるチャンスです。
それでもやっぱり元彼氏が忘れられない。仮に昔の彼氏とヨリが戻ったとしても、過去に別れたときと同じことが再び起きる可能性が高く、その時に記憶が蘇ることも多いです。もちろん学習しておなじことを繰り返さないように努力して回避することも可能ですが、お互いそのことを理解していかなければならないので難しいです。結果的におなじ理由で再び別れるケースが多いので、時間を無駄にしないためにも「昔の彼氏との最悪だったこと」を紙に書き視覚化してループから脱出しましょう。